正しいシャンプーの仕方

ふじみ野市、上福岡の美容室、美容院【アジタート】Top> 正しいシャンプーの仕方

Agitato店舗写真

Agitato

Tel. 049-263-2094

【受付】

10:00~20:00(18:00まで受付可)

【定休日】

火曜日

埼玉県ふじみ野市上福岡1-11-11

東武東上線の上福岡駅東口を出て、メインの通りから左斜め、焼き鳥屋さんとメガネ屋さんの間の八雲通り商店街内を直進して2分ほど歩くと、みずほ銀行、100円ローソンがありますので、それを通り過ぎると左手に見えるのが当店です。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの手順を書いていきたいと思います

 

①最初にお湯ですすぎます。



このすすぎで、なんと汚れの80%を落とすことができます。

 

◆お湯のみで落ちる汚れ・・・フケ、汗、タバコ、ほこり、廃棄ガス

◆シャンプーで落とす汚れ・・・皮脂、スタイリング剤など油分


しっかりすすいでください。


できればシャワーヘッドは持って、頭皮近くからあてていただくとさらにいいです。

 

≪ワンシャンプー≫

 

 

 

②だいたい、シャンプーを500円玉くらい(2プッシュくらい)

手にとりよく伸ばします。

 

 

手の平に薄く伸ばしましたら

髪に水分が無くなってしまうとシャンプーが泡立ちにくくなってしまうので

水分が無くならないうちにもみこむように泡立てていきます。

 

たっぷり空気を揉み混ぜていくイメージで泡立てていくと泡立ちやすいです☆

 




ざっくりと1分ほどで整髪料などが落ちていればすすいでしまって大丈夫です☆



≪ツーシャンプー≫

 

 

 

③次は10円玉くらいの量のシャンプー(1プッシュ)を手にとり

②と同様に髪全体に行き渡らせ泡立てます。

 

 

次に指を広げて頭のてっぺんに向かって頭皮を押し上げるようにします。


頭の頂点に向かって絞りあげるような感じです。
左右、前後、ゆっくり絞ります。


リラックス効果と同時に、毛穴の汚れ、頭皮の汚れを浮き出す効果があります。


頭皮の血流も上がるので、毛が健康に伸びる状態にすることができます。
 

 


しかし、頭皮トラブルがある方はマッサージは飛ばしてください。
 

 

 

④頭皮が少し温かくなる程度行ったら

生え際から頭の頂点に向かって

手をクロスするように洗います。

 

 

爪は立てずに指の腹で。

 

 

 

 



両手でするのが難しい方は片手でギザギザに強くさするように洗います。


頭皮を擦る感じです。


目安は頭皮が冷たいところがないように。
洗い足りない部分は冷たいと思います。



この場合も頭皮にトラブルのある方は弱くさする程度で、全体に泡を行き渡らせる程度でやめて大丈夫です。



ワンシャンで充分泡立って汚れが落ちる場合は1度だけの洗いでも問題ありません。

 

 

⑤終わりましたら、よーくすすぎます。

 

 

シャンプー剤が頭皮や髪に残るとダメージにつながってくるので
手を軽く丸めて頭皮にお湯をためるようにしながら
指の腹で擦るように充分にすすいでいきます。


とくに頭頂部付近や耳後ろ、生え際は充分にすすいでください。


もちろんシャワーヘッドは片手で持ち

もう片方の手でお湯をためて捨てる

を繰り返すようにして残留物がないように流します。


上向き・下向きの両方で流すと洗い残しが減ります。

 

 

⑥最後にリンス(コンディショナー)を毛先中心に

頭皮はできるだけつけないように指を通すように塗布し

しっかりすすぎます。

 

しっかりすすいでもコンディショニング成分は髪に吸着しているので

お湯で完全に落ちることはありません。


もともと"リンス"という言葉は" すすぐ "という意味なので
最後によく濯いで成分が無駄に残らないように気をつけましょう。





これを毎日続けることで、頭皮は清潔に、髪は健やかな状態が維持できます。
もちろん、この手順でよくないシャンプーを使って行ってしまうと頭皮はボロボロになります。

その他のコンテンツ

TOPへ